ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『清水エスパルス vs 浦和レッズ』(’14 第23節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『清水エスパルス vs 浦和レッズ』(’14 第23節)

 9月13日の土曜日。関東は朝から晴れ。

 日中の日差しは強く、まだ残暑は厳しいものの、吹く風はすっかり秋を感じさせる涼しさです。

 この日、JリーグJ1の第23節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、デーゲームで清水エスパルスとアウェイ・エコパスタジアムでの対戦です。

 前節、大宮アルディージャとのさいたまダービーを圧勝で制した浦和。

 今節はナビスコ杯の2試合を挟んでの2週間ぶりのリーグ戦。アウェイで連勝して首位固めといきたいところてす。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 李 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、啓太と阿部君のコンビ。

 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と李君。1トップに興梠君。

 清水は、最終ラインに3人が並ぶ布陣。中央をきっちり固めてスペースを与えない守備です。

 前線は3トップ。長身のノヴァコヴィッチ選手をセンターに両翼がワイドに開いた陣形です。
 
 立ち上がりはボールが落ち着かず、一進一退の攻防が続きましたが、ボール支配率に勝る浦和が徐々にペースをつかみます。

 対する清水は、しっかり引いてブロックをつくり、カウンター狙いです。

 最初に決定機をつくったのは、ホームの清水。

 14分、高木(俊)選手の左からのクロスにファーサイドのノヴァコヴィッチ選手が右足ダイレクトで合わせますが、ボールはバーを叩きます。

 先制点を決めたのは、アウェイの浦和。

 22分、カウンターから中央の李君が持ち込みディフェンスを引きつけ、右サイドを駆け上がった平川君にパス。

 平川君、後ろからフォローした森脇君へダイレクトでマイナスの折り返し。

 フリーでボールを受けた森脇君、右足でグラウンダーのシュート。ボールはゴール右隅に転がり込みました。1-0、浦和が先制します。

 浦和らしい、分厚い攻撃が実を結んだ得点でした。

 カウンターからの素早い攻撃に清水のディフェンスは完全に後手に回っていましたね。

 森脇君がボールを受けたタイミングで、浦和の選手がボックスの中に3人待ち構えていました。

 清水としては、後方から上がってきた森脇君までマークする余裕はなかったでしょう。

 森脇君のシュートはジャストミートではありませんでしたが、ボールの飛んだコースが幸いしました。

 浦和はさらに畳み掛けます。

 28分、右サイドで李君が自陣の森脇君からのロングフィードに素早く反応します。

 李君、相手ディフェンスの裏に抜け出し最終ラインを突破し、ゴールキーパーと1対1に。

 最後はゴールキーパーの動きを見ながら左足でニアサイドを射抜きました。2−0、浦和が突き放します。

 李君は清水の高い最終ラインの裏のスペースを狙っていましたね。シュートも落ち着いていました。

 李君の動きを見逃さなかった森脇君もさすがです。

 結局、前半は2−0のまま、浦和のリードで折り返します。

 前半の浦和はシュート数はわずか2本。しかし、いずれも得点につなげました。

 一方の清水も2本。バーに阻まれたノヴァコヴィッチ選手のシュートがありましたが、得点に結びつかず。

 浦和が決定力の高さを見せつけた前半でした。

 内容的にも、清水を押しこむ時間帯が多く、浦和の狙い通りの前半だったといってもいいかもしれません。

 後半も、点を取りに前掛かりに来るであろう清水のスキを突いて貪欲に追加点を狙って欲しいですね。

 後半開始。

 清水はノヴァコヴィッチ選手をトップ下に下げ、2トップにシステム変更します。

 しかし、試合の流れは前半同様、浦和に傾いたまま。

 前にボールを運ぼうとする清水を待ち構え、守備の網にかけてショートカウンターを狙います。

 チャンスはつくるものの、なかなかモノにできなかった浦和でしたが、72分、待望の追加点を奪います。

 浦和は右コーナーキックのチャンス。キッカーは柏木君。

 左足から放たれたボールは、ニアサイドに飛び込んだ槙野君の頭にドンピシャで合いました。

 強烈なヘディングシュートがネットに突き刺さりました。3−0、浦和が決定的な3点目を奪います。

 清水は直前の選手交代の影響もあってか、セットプレーの守備が少し混乱していたようです。

 槙野君は完全にフリーの状態でヘディングシュートを打つことができました。

 柏木君のプレスキックの質も相変わらずの精度の良さです。

 清水の反撃は76分、左コーナーキックのチャンスからニアサイドで平岡選手が頭でねじ込みました。3−1、清水が一矢報います。

 このゴールに息を吹き返した清水は、中盤の運動量が増えボールを支配して試合の主導権を奪います。

 浦和は選手交代を立て続けに行ない、清水に傾いた流れをなんとか引き戻そうとします。

 78分、宇賀神友弥選手に代わって梅崎司選手。
 82分、李忠成選手に代わって青木拓矢選手。
 87分、平川忠亮選手に代わって永田充選手。

 しかし、期待した効果は得られず、清水が優勢のまま。

 浦和は相手の勢いに押されるの苦しい展開が続きましたが、清水のミスに救われます。

 90+1分、相手ゴールキーパーがクリアミス、ボールは興梠君の足元へ。

 興梠君はそのままゴール前まで持ち込みシュート。

 ボールは相手に弾かれますが、クリアボールが再び清水の選手に当たって跳ね返り、そのままゴールイン。

 清水のオウンゴールとなりました。4−1、浦和がダメ押しの4点目を奪いました。

 アディショナルタイムは4分。

 勝利を確信しているスタジアムの浦和サポからは「Pride of URAWA」の大合唱が始まります。

 サポの力強い後押しを受けて、浦和が清水の捨て身の反撃をしのぎきり、そのままタイムアップ。

 4−1で浦和の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 終わってみればスコア、内容とも浦和が圧倒した試合。

 首位を突っ走るチームと下位に低迷するチーム、両者のチーム状態がそのまま現れたゲームでした。

 勝負の分かれ目は、先制点でした。

 清水は、最初のシュートでノヴァコヴィッチ選手がフリーで決めきれず。

 逆に浦和は、そのすぐ後、得意のカウンターからきっちり先制点を奪うことに成功しました。

 最初のシュートをめぐる攻防が、その後の試合展開を決めてしまいましたね。

 リーグ戦は、これで3試合連続の4得点。ここにきて得点力が上がってきたのは心強いです。

 前線の3人、この日は興梠君、李君、柏木君でしたが、コンビネーションが抜群でした。

 3人が流動的にポジションを入れ替えながら鋭い攻撃を繰り出していました。

 1人がクサビのボールを受けたら、1人が裏のスペースを狙って飛び込む。

 リズムよくつながるパスが相手に的を絞らせませんでした。選手たちの間で攻撃のイメージが共有されているのでしょう。

 長い時間をかけて構築してきたミシャの戦術が完成の域に入ってきた感じがします。

 選手たちのコンディションも良さそうですね。運動量は最後まで落ちませんでした。

 夏場、うまく選手を入れ替えながらやりくりしてきた成果が表れています。

 悲願のJリーグ制覇に向けて抜かりなし。視界良好です。

 あとは、目の前の試合一つひとつに全力を注ぎ込むだけですね。

 今後の戦いが、本当に楽しみです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節、浦和は柏レイソルとホーム・埼スタで対戦します。

 この日の勢いを途切れさせず、きっちり勝ち点「3」を確保したいところです。

 チーム・サポ一丸となって、突き進みましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。