ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『アルビレックス新潟 vs 浦和レッズ』(’14 第25節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『アルビレックス新潟 vs 浦和レッズ』(’14 第25節)

 9月23日の火曜日。関東は朝からすっきりと澄みわたった青空。

 日差しは強いものの涼しい風が心地よく、すっかり秋の趣です。

 この日、JリーグJ1の第25節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、デーゲームでアウェイ・デンカビッグスワンスタジアムにてアルビレックス新潟と対戦。

 前節、浦和はホームで柏レイソルを退け3連勝。首位を快走中です。

 あまり相性のよくないイメージのあるビッグスワンでの試合ですが、連勝中の勢いで勝ち点「3」を持ち帰りたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 鈴木 阿部 梅崎 李 柏木   
 FW:興梠

 前節から両WBをそっくり入れ替えてきましたね。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、啓太と阿部君のコンビ。

 WBは右に関根君、左に梅崎君。2シャドーに柏木君と李君。1トップに興梠君。

 新潟は、最終ラインの3人が浦和の前線の3人に張りつくマン・ツー・マン気味の守備。

 前線は1トップの指宿選手の裏にシャドー2人を配する布陣。

 新潟は、立ち上がりから激しいプレスをかけてきます。

 浦和は、最終ラインのビルドアップでボールを失うことこそありませんが、リズムを崩されてしまい、いつものテンポのよいパスワークを見せることができません。

 逆に新潟は、中盤でボールを奪ってからの素早い攻撃で浦和ゴールをたびたび脅かします。

 決定機も何度かありましたが、西川君の判断のよい飛び出しでことなきを得ます。

 新潟のペースで進んでいましたが、先制点を奪ったのは浦和の方でした。

 22分、自陣中央の阿部君からサイドチェンジのロングパスが右サイドの関根君へ。

 相手ディフェンス裏のスペースに抜け出した関根君、中を確認し、スライディングしながらダイレクト右足で折り返します。

 ゴール前に待ち構えていたのは興梠君。フリーで右足を振り抜き、なんなくゴールネットを揺さぶりました。1-0、浦和が先制します。

 関根君の裏に抜けるスピードは相変わらず抜群の切れ味ですね。

 マーカーを置き去りにし、余裕をもって正確なクロスを供給しました。

 関根君の動き出しをしっかりみて、ピンポイントのパスを送った阿部君もさすがです。

 興梠君も基本通りしっかり詰めていました。これが今季の10得点目、安定感の高さは抜群です。

 先制した浦和でしたが、その後も前線からのプレスに苦しみ、新潟にペースを握られる展開が続きます。

 42分の新潟、裏に抜け出したレオ・シルバ選手がゴールキーパーと1対1となり、右足でシュートを放ちますが、ボールはわずかにバーの上に外れます。

 新潟はアディショナルタイムにも、コーナーキックから指宿選手が至近距離からフリーで合わせますが、これもバーを越えます。

 結局、前半は1-0で浦和リードのままで折り返します。

 前半の浦和はシュート数は3本。新潟は5本。

 スコアこそ、浦和が1点リードしていますが、内容的には完全な新潟のペース。

 浦和は、新潟の前線からのプレスが厳しくペースをすっかり狂わされてしまいましたね。

 ボールを奪ってからターゲットの指宿選手に簡単に当ててくる速攻にも手を焼きました。

 最後は、相手のミスや西川君中心に体を張った守備で無失点で切り抜けることができましたが、リードされていてもおかしくない展開でした。

 後半、点をとらないといけない新潟はさらに前線から圧力をかけてくることでしょう。

 浦和は、それを逆手にとって追加点を奪い、試合を決めてしまいたいところ。

 後半開始。

 50分の浦和、右サイド深くまでオーバーラップした森脇君にロングフィードが通ります。

 森脇君、ドリブルでペナルティエリアに侵入、右足の切り返しでマーカーを振り切り、左足で強烈なシュートを放ちます。

 ボールは相手ゴールキーパーの右をかすめて、ネットに突き刺さりました。2−0、浦和が貴重な追加点を奪います。

 右WBの関根君が中央にしぼってできたスペースをうまく使った得点でした。

 右足で切り返してから左足でシュート、森脇君の得意な型ですね。フォワードも顔負けの見事な得点でした。

 60分の新潟、ディフェンダーと入れ替わった指宿選手がゴールキーパーと1対1となり、至近距離からシュートを放ちますが、ここも西川君が体を張って弾きます。

 新潟が、選手を入れ替えて4バックに2トップの型に戦術変更。

 浦和は、それに合わせるように浦和も次々と選手交代のカードを切って逃げ切りを図ります。

 66分、興梠慎三選手に代わって青木拓矢選手。

 73分、鈴木啓太選手に代わって永田充選手。

 82分、柏木陽介選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。

 ボランチの一角に青木君、右WBに森脇君が上がり、右ストッパーに永田君。

 李君の1トップに、マルシオと梅崎君が2シャドー。

 アディショナルタイムは4分。

 浦和は、終盤にやや疲れのみえた新潟の攻撃をしっかり抑えこみ、そのままタイムアップ。

 2−1で浦和の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 スコアこそ2−0でしたが、内容的にはきん差の試合。

 決定の数は新潟が圧倒、浦和ゴール前に何度も迫りました。

 浦和はこれをことごとく防ぎ切り、逆に数少ないチャンスをものにしました。

 新潟の決定力不足に助けられ、なんとか勝ち取った薄氷の勝利でした。

 この試合のMVPはなんといっても西川君でしょう。

 素早い反応とタイミングのいい飛び出しで新潟の決定機を幾度となく阻み、無失点に押さえ込みました。

 まさに“守護神”というべき獅子奮迅(ふんじん)の大活躍。本当に頼りになる存在です。

 攻撃では、新潟のプレスに押されて見せ場は少なかったですが、決めるべきところでしっかり決めたのはさすがです。

 3バックのシステムは、両WBの後ろのスペースが泣き所となります。

 浦和の2得点はいずれも、新潟守備陣のウィークポイントをみごとに突いたものでした。

 相手の弱点を見極めたうえで、一瞬見えたスキを見逃さずに仕留める。

 まさに居合抜きの達人技を思わせるような浦和の得点でした。

 リーグ戦2度目の先発となった関根君が右WBで存在感を発揮していましたね。

 浦和の2得点は、いずれも彼のいた右サイドから。

 鋭いアタックを何度も仕掛けアシストも記録した攻撃はもとより、守りでも快足を飛ばして粘り強く対応、右サイドを制圧しました。

 関根君はフル出場。運動量が要求されるWBでも90分走りきれる体力があることが証明されました。

 今後の戦いでも貴重な攻撃的なオプションとなってくれるでしょう。楽しみですね。
 
 主力WBの2人をベンチの外に置いて温存。

 さらに、ほぼ出ずっぱりの替えの効かない選手たちを途中で交代させた上での余裕の勝利。

 内容はさておき、結果的にはアウェイでこれ以上ない最高の形での勝ち点「3」獲得となりました。

 いいサッカーをしながら結果を出すのがベストです。

 しかし相手もひとつでも順位を上げようと必死の覚悟で臨んできますから、なかなかそういう訳にはいきません。

 この日浦和が苦しみながら手にした勝利は、とても貴重で重いものです。

 後々になって大きな価値を持つ勝ち点「3」になるのではないでしょうか。

 この試合で浦和は、不利な展開でも泥臭く勝ちを拾える精神的な強さを身につけたことを証明しました。

 またひとつ、優勝に向けた課題をクリアしましたね。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節、浦和は2試合続けてのアウェイ戦、セレッソ大阪と対戦します。

 相手は下位に沈み、残留争いの真っただ中にいます。

 そういう相手こそ、死にものぐるいで向かってきます。油断は禁物ですね。

 気持ちで受けに回らないこと。集中して普段通りのサッカーをすればおのずと結果はついてきます。

 選手、スタッフ、サポ、すべての力を結集して、一気に優勝まで突っ走りましょう!
 
 頑張れ!浦和レッズ!!(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。