ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ』(’14 第28節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ』(’14 第28節)

 10月18日の土曜日。関東は朝から気持ちのよい青空。この時期らしい、爽やかなお天気が1日続きました。

 この日、JリーグJ1の第28節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、ベガルタ仙台とデーゲームでアウェイ・ユアテックスタジアム仙台にて対戦。

 浦和は、前節、“雨中の死闘”の末、徳島ヴォルティスを下して貴重な勝ち点「3」を手に入れました。


 相手のベガルタ仙台は残留争いの当落線上にいるチーム。

 ホーム・アドバンテージもありますから、なりふり構わず勝ちにくるでしょう。

 気持ちで負けないようにしたいですね。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 李 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは啓太と阿部君のコンビ。

 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と李君。1トップに興梠君。

 仙台は、最終ラインに4人がフラットに並び、引いてブロックをつくって守ります。

 攻撃は、キープ力のある2トップ(赤嶺選手、ウィルソン選手)にボールを素早く預けてからの速攻が狙いです。

 立ち上がり、ボールが落ち着かず、一進一退の攻防が続きます。

 注目の先制点はホームの仙台。

 19分、仙台は左からのコーナーキックを獲得します。

 キッカーのリャン選手の蹴ったボールは、ニアサイドの競り合いから流れ、逆サイドの石川選手が拾って左足でシュート。

 ボールはゴール前のウィルソン選手の右足に触り、コースが変わってそのままゴールイン。0−1、仙台が先制します。

 西川君が必死に手を伸ばしてセーブしようとしましたが、わずかに及びませんでした。

 ウィルソン選手、後ろ向きの状態で右足に当てて自分の股を通す技ありのシュートでした。

 仙台がさらに畳みかけます。

 22分、センターライン手前、右サイドでフリーキックを獲得した仙台。

 キッカーのリャン選手の蹴ったボールは、ゴールライン際、右サイドに流れたウィルソン選手に入ります。

 フリーでボールを受けたウィルソン選手、胸トラップから中を確認してセンターリング。

 このボールを、中央のスペースに入り込んだ野沢選手がダイレクト右足で押し込み、ゴールネットを揺らしました。

 2-0、仙台が突き放します。

 浦和の選手たちは、集中力を欠いていましたね。

 前線でウィルソン選手に自由にボールを持たせて起点をつくられてしまいました。

 野沢選手のケアもなく、フリーでシュートを打たれてしまいました。

 2点のリードを許した浦和は、ようやく目を覚まします。

 30分、右サイドでコーナーキックを獲得した浦和。

 キッカーの柏木君からのボールをニアサイドの阿部君が頭で後ろに反らせます。

 このボールをファーサイドに詰めていた興梠君がヘディングで押しこみ、ゴールネットを揺らしました。

 1−2、浦和が追撃します。

 浦和の得意とするパターンからの得点。3人の連携がはまった見事な得点でした。

 このゴールで勢いがついた浦和がさらに攻勢をかけます。

 37分、最終ラインの森脇君から右サイドの李君にロングフィードのパス。

 李君、ダイレクトで右足ヒールキックで逆サイドの興梠君へパスを送ります。

 興梠君、ワントラップしながら反転、左足で強烈なシュートを放ちます。

 ボールはゴールキーパーの股間を抜けて、ゴールに突き刺さりました。2−2、浦和が同点に追いつきます。

 李君、目の前でワンバウンドした難しいボールでしたが、後ろ向きで見事なヒールパスを送りました。

 何よりもパスを受ける前に、興梠君の位置をしっかり確認していたのが素晴らしいです。

 彼のダイレクトプレーの技術の高さとアイデアの豊富さは、攻撃的センスの高い選手がそろう浦和の中でも随一ですね。

 興梠君、途中、体勢を崩しかけましたが、トラップからシュートまでの一連の動きは鮮やかでした。

 前半はそのまま2−2、同点のまま折り返します。

 前半のシュート数は浦和と仙台ともに6本ずつ、そして得点もお互いに2点ずつ。

 お互いの持ち味を出しあった互角の内容でした。

 球際でのボールの奪い合いが厳しく、ショートカウンターの打ち合いのような展開。

 この展開はある程度予想していたのか、両チームとも、ボールを奪われてからの守備への切り替えが早かったです。

 お互いに相手の速攻を警戒していたこともあり、両チームのチャンスはほとんどがセットプレーから。

 優れたプレスキッカーがいる両チーム。後半も、セットプレーがカギを握りそうですね。

 後半開始。

 浦和はハーフタイムで選手交代。

 HT、平川忠亮選手に代わって永田充選手が入ります。

 永田君は右ストッパーの位置に入り、森脇君は1列上がって右WBへ。

 浦和は、立ち上がりから前半以上にボールを支配して、優位に試合を進めます。

 試合が動いたのは、思いもよらないミスからでした。

 61分、最終ラインの那須君から西川君へバックパス。しかし、西川君のトラップが少し大きくなります。

 それを赤嶺選手が見逃しませんでした。猛然とチャージをかけてスライディング。

 西川君、ボールを浮かせて赤嶺選手をかわそうとしますが、赤嶺選手の体に当たってそのままゴールに転がり込みました。

 3-2、仙台が一歩抜け出します。

 足元の技術の高い西川君にしては、信じられない不用意なミスです。

 余裕を持ちすぎて、パスを出す先に気を取られすぎてしまったのでしょうか。
 
 点をとりにいく浦和は立て続けに2枚のカードを切り、勝負をかけます。

 69分、鈴木啓太選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。

 73分、李忠成選手に代わって梅崎司選手。

 マルシオと梅崎君が2シャドーを組み、柏木君は1列下がってボランチへ。

 仙台はこの1点を守りきろうと、自陣に引きこもってゴール前に黒い壁を構築します。

 74分の仙台、右からのコーナーキックを石川選手が折り返し、赤嶺選手がフリーでシュートを放ちます。

 決定的な場面でしたが、宇賀神君がゴールラインぎりぎりで体を張ってクリア。ピンチを逃れます。

 必死の追い上げをみせる浦和に大きなトラブルが発生。

 81分、ドリブルで突破しようとした菅井選手を宇賀神君がファールで止めて、この試合2枚目のイエローカードを受けて退場となります。

 1点ビハインドの状態で、1人少ない戦いを強いられる浦和ですが、攻めの姿勢は崩さず果敢にゴールを狙います。

 アディショナルタイムは5分。

 前がかりになって薄くなった浦和の守備を仙台が突きます。

 90+1分の仙台、カウンターから左サイドのウィルソン選手からのセンターリングを受けた村上選手が左足で豪快に蹴りこみました。

 2−4、仙台が決定的な4点目を奪いました。

 結局、試合はそのまま終了。2−4で仙台の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 両チーム、「負けられない」という強い思いを抱いて臨んだこの試合。

 自分たちのサッカーをやり切り、チャンスを確実にものにした仙台に軍配が上がりました。

 仙台は、浦和のサッカーをよく研究していましたね。

 伝統の堅守からの速攻が、この日もさえ渡りました。

 とくに突破力もキープ力もある2トップの動きには、浦和の守備陣は悩まされました。

 一方が浦和のWBが上がってできたサイドのスペースに流れて起点となり、もう一方がゴール前に走りこむ。

 そこに中盤のリャン選手や野沢選手が絡んで、シンプルながら鋭い攻撃は見事でした。

 最終ラインと前線の間を結ぶリンクマンの役割をする啓太が、サイドにひっぱり出されて守備に追われる場面が多く見られました。

 4バックにボランチを加えた守備のブロックも、相変わらずの堅さでした。

 それにしても、この日の浦和はミスが目立ち過ぎました。

 西川君のミスだけでなく、退場につながった宇賀神君の不用意なファール、セットプレーで相手をキープレーヤのマークを外すなど、集中力を欠くシーンが多かったのは残念でした。

 先制点を取られたあと、連続して失点してしまったのも頂けませんね。

 悪いときのクセがこの大事な終盤戦で顔をのぞかせてしまいました。

「相手は残留争いをしているチームだし、いつも通りやれば何もできないだろう」

 そんな慢心がどこかにあったのかもしれません。

 仙台はそんな浦和のスキを上手に突き、ホームの大観衆の前で見事な番狂わせを演じました。

 この時期、簡単に勝てる相手はいません。

 どのチームも死ぬ気でぶつかってきます。

 浦和も、それに負けない気迫で立ち向かわないと、勝ち点は積み上げられないということです。

 優勝を狙う浦和にとっては痛い敗戦ですが、これを糧にしなければなりません。

 この日の4失点で、浦和の選手たちは目が覚めたことでしょう。

 反省すべきところは反省し、気を引き締め直して次節以降の戦いに臨んでほしいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、中3日、ホーム・埼スタでヴァンフォーレ甲府と対戦します。

 ここまでくると格上とか格下とかは、関係ありません。

「勝ちたい」という気持ちの強いほうが勝つ。それだけです。

 浦和の選手たちは、この日の試合で肌で感じたのではないでしょうか。

 残り6試合。これからが本当の正念場です。

 チームとサポが一丸となり、このまま優勝まで突き進みましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。